【プレイメモ-縮小版-】金色ラブリッチェ【SAGA PLANETS】

c986883package.jpg
プレイ作品

・Coming×Humming!!
・ナツユメナギサ
・キサラギGOLD★STAR
・はつゆきさくら
・フローラル・フローラブ
NEW!金色ラブリッチェ



プレイ時間

31時間16分36秒(Hシーン抜き)



●良かった点
 ・OP:「Golden Mission」 歌.佐咲紗花 作詞.うらん 作編曲.菊田大介 ムービー.yo-yu
  -イントロからラストまでノリの良さがとにかく好き
   -今でも2年前の曲とは思えないほどよく聴いてる
  -OPムービーの出来も良い
   -Aメロの流れるようなキャラ紹介、見事
 ・攻略ヒロインが全員可愛い、非攻略ヒロインも可愛い
  -特にシルヴィがかわいい
   -猫村ゆきの声質が凄く合ってる
    -おっとりとした、落ち着いた声質
     -主人公に呼びかける「ねぇ、央路?」の安心感が最高
    -この頃は確か出始めだったと思うんだけど、完全にはまり役。ナイスキャスティング
   -シナリオの展開も、身分の違いが~とかグダグダやらないでよかった
    -主人公とのすれ違いの感じが微笑ましかった
  -玲奈もかわいい
   -遥そらはこっち方面のキャラクターが好きかな
    -ギャル演技があまりにも自然というか、無理がないというか…あっぱれ
     -遥そらBestキャラクターは「佳奈すけ」「めぐる」「玲奈」で決まったかもしれない
   -でもこの娘はどうやってノーブル学園に入ったかは最後まで不明だった…
  -エルもかわいい
   -エロエロなのは評価が高い
   -あじ秋刀魚のこういう演技のキャラに当たったことないから感心した
    -最初これ誰だっけ?ってなった。演技の幅が広い
  -理亜もかわいい
   -口悪いのがたまらんな
   -ガッツリヤンキーキャラも珍しいし、小鳥居夕花の演技力が見事だね
    -「クソが!」の勢いで笑った
   -恋人verの甘い感じも、とても良い
   -ところで、シルヴィと誕生日が同じなんだけどこれは偶然?FDでなにかある?
  -茜もかわいい
   -他√でも主人公に好意を持ってて、もじもじしてる感がかわいい
   -やっぱりはわはわするキャラが好きだな
   -後輩キャラっていいな
  -ミナもかわいい
   -秋野花すき、FD期待
  -絢華も最初うざいけどかわいい
   -the 風音様
   -茜より√作れそうな感じだったけどなんで作んなかったんだろうか…
    -結局FDあるからいいけど
   -どんだけデレるのか、FD期待
 ・表情差分が多くて可愛い
  -個人的に萌えゲーには必須項目だけど、あるのとないのとでは全然違う気がする
 ・終わってみたらプレイ時間がちょい長めだったけど、飽きずに読めた
  -駄作の萌えゲーってほんと飽きるんだけど、全然飽きなかった
   -これが凄く大きくて、このゲームを評価するんだったら外せない要素
   -日常の掛け合いが面白いかな、可愛いし
   -伏線も各√で小出しにしつつ、理亜√までにはちゃんと回収仕切れていたと思う
    -やり終えて、玲奈→茜→エル→シルヴィ→理亜の順でやるのが吉か
     -俺はこの通りにやったから回収がスムーズだったな
  -「キャラが可愛い」「飽きない」の重要事項を押さえられている良萌えゲー
  -絶望的に酷い√がなかったのも大きい
 ・CGの湖面の表現が綺麗
  -あと今作からフルHD?サガプラ初?いいじゃんね
●悪かった点
 ・次の選択肢へスキップがない
  -特に今作はちょっとした選択肢でHシーンが分岐するので、絶対にスキップ機能を搭載するべき
   -久々のローラー作戦実施
    -通常スキップも遅い?気のせい?
 ・茜の告白CGをキスCGに使いまわすな
  -これは違和感しかない、笑っちゃった
 ・一部3PのCGで謎の挙動
  -テキストではまだ乱入していないのにCGが先に表示されるという…
   -数クリックしたらいない差分に戻ったけど
   -これが一番笑ったな、修正パッチあんのかな
 ・エルのコスプレエッチがない
  -いっぱい買ったのに何故…
●賛否両論
 ・ヒロインと主人公がくっ付くのがちょっと強引な気が
  -玲奈とエル
   -エルはなんで惚れたのか
   -玲奈の展開は滅茶苦茶で笑える
 ・主人公への序盤の当たりの強さ、特に絢華
 ・3Pが多い
  -こんなにあるとは思ってないのでびびる
   -メインに各1シーンあるけど、ノルマか何かだったのか…
    -FDでも多いのか?
 ・シナリオ重視の理亜√の展開をどう捉えるか
  -√の結末じゃなくて、過程を感じとるのが醍醐味なんじゃないかなと思う
   -そうじゃないと理亜√の結末に対しての描写が少なすぎる
  -全ての伏線を回収した上で、理亜を絡めた真シルヴィ√でも中々面白かったんじゃないかとも思った
   -それはFDでやるの?わからん
  -ただ最後の全√終了後にでるExtraの理亜CGは良かったと思う
   -色々考えちゃうけどそんなのどうでもよくなるぐらい理亜の表情がたまらん
    -是非FDで補完してくれたら…




最後に、点数を各項目20点満点で、加点形式によりつけさせてもらうと、
86点です

システム
次の選択肢へスキップが無いのはちょっときついけど
ボイス登録機能(キャラ別ソート)があるのはいい点かな 15点
音楽(BGM:10点満点 OP,ED:10点満点)
水月陵が担当してるピアノ旋律のBGMがいつも通り良かった 7.5点
OPは言わずもがな、通常EDもGEDも√に合った曲調 7.5点
グラフィック(イベントCG:10点満点 背景CG:10点満点)
背景CGは湖面の表現がすごい印象的、時間の差分もしっかりしてるし綺麗
CGもある程度安定はしているんだけどシルヴィ√ED前の引きの絵がちょっと怪しい…
それ以外は良好。フルHDも嬉しい点17点
キャラクター(キャラビジュアル等:10点満点 CV:10点満点)
キャラビジュアルは全員可愛い 9点
CVも好きな人が集まってるし、モブの声をいろんな人が兼任してて面白かった 9点
特にシルヴィのビジュアル、CVは大当たり 加点2点
遥そらの演技に 加点1点
シナリオ
萌えゲーとしては十分、プレイ中飽きないのが大きい
理亜√も評価が難しいところだけど、たまにはこういうのもありなのかなとも思う 18点

このゲームはゲームジャンルをどうとらえるかどうかで評価が変わってきそう。
あくまで上の点数は、萌えゲーとしての点数。
萌えゲーとしては、4人の√はキャラクターの可愛さが飽きることなく感じられる申し分ない出来。理亜√も、萌えゲーとしたら特殊なシナリオで、このゲームの主題だと思う「ゴールデンタイム」をいい感じに考えさせてくれる。ただ"シナリオゲー"とか"泣きゲー"とかいうジャンルだと思ってプレイすると、ラストの展開が明らかに描写不足。これじゃ泣けない。というかライター側も泣かせようとして書いてないと思う。
買った当時は萌え目的、でも積み続けている間に謎のシナリオ評判、FD発売の声が聞こえてきた。その評判に凄い期待して今プレイしたけど、終わってみたらやっぱり良質の萌えゲーだった。
FDも萌えゲーとして期待。
関連記事
スポンサーサイト



月別アーカイブ

カテゴリ

HWWつぶやき備忘録

発売中!

mirai『宿星のガールフレンドALLSTAR』2020年3月27日発売!
アイシング 応援バナー

発売中!

9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと
『トリニティ×カラミティ』応援中!
『白詰指輪』を応援しています!

6月発売予定

laplacian『青写真と白昼夢』応援中!
Cabbit 第四弾!「鍵を隠したカゴのトリ-BIRD IN CAGE HIDING THE KEY-」応援中!