【プレイメモ:トロコン済】モンスターハンターワールド:アイスボーン【CAPCOM】

291_listImg.png
毎日やっていた金冠集めが終わり、トロコンできたので感想・思ったこと
torofi-.jpg


巷では、ワールドより難易度が上がっていると言われている。プレイして個人的に感じたのが下の5点だった。

●攻撃力の増加によるスキル「体力増強3」の必須化
 ストーリーで戦う必要のあるモンスターは、しっかりと防具を作成・強化することで、ある程度は安全に戦うことができると思った(一部を除く)。ただ、クリア後に戦うことになる歴戦モンスターでは、一撃で8割近く体力が削られる攻撃が存在しているので、体力増強3のスキルがないと厳しい。回復薬グレートで体力200の回復をするためには複数回使用する必要があり、更に使用モーションにより時間もかかって危険も伴うので、必然的に秘薬を調合分まで持っていって使うようになった。
●モンスターの体力増加と高い俊敏性、空中散歩による攻撃チャンス減少による長くなる狩猟
 単純にモンスターの体力が上がっている。また、動きの早い敵が多いので、慣れないと攻撃をあてることすら難しい。あとは、ワールド時代の閃光玉への耐性追加により、空飛ぶモンスターと戦う場合の剣士のどうしようもなさが悲しい。リオレウス、パオウルムー亜種、凍て刺すレイギエナ、クシャルダオラ…、すべて酷い。ストーリーの難易度が高いと言われているのは、モンスターの攻撃力はそこまで問題ではなく、狩猟時間が長いからだと思う。
●新モンスターの糞肉質化(防御力増加)、それを弱体化するのに必要なクラッチクローの武器別の格差
 上記のモンスターの耐久に関連する部分で、あまりにも酷いから個別に書く。
 ワールドに比べて、肉質が固すぎる敵が多く、切れ心地が悪いモンスターが増えた。オドガロンの原種と亜種の違いが顕著で、原種は適当に切っててもそれなりにダメージは入るけど、今回追加された亜種は的確に頭弱点を狙わないと駄目。そこで肉質を柔らかくするクラッチ攻撃をする必要性が出てくるけど、その攻撃が武器ごとに「1回で傷つけ可能な武器」と「傷つけるのに2回必要(1回目にスリンガーの弾を落とさせる)」に分かれている。肉質を柔らかくすること前提のモンスターが増えている中、2回攻撃しないと傷がつかない武器は極端に火力が落ちる。スリンガーの弾は強力なぶっ飛ばし攻撃をするときに必要なので、いらないこともないけど、使える時が限られているのでそんなに頻繁には使わない。そして前半で落としすぎると後半落ちなくなる仕様。更に、武器それぞれのクラッチ攻撃モーションの差が1回組と2回組でそこまでない。なぜなのか?せめて破壊王等のスキルで補えるようにして欲しかった。とにかく今作は傷つけ2回組武器の産廃っぷりがやばい。新要素の押し売りはNG。
●討伐対象以外のモンスターの頻繁な合流(怒り喰らうイビルジョー)
 通常モンスターはこやし玉を使えばある程度は分断が可能だけど、怒り喰らうイビルジョーに関しては別。通常モンスターがイビルジョーを怖がってエリア移動をして、ハンターがそれを追いかけると、ハンターをイビルジョーが追って結局分断できない状況になる。イビルジョーにこやし玉を当てて移動させても、怖がって逃げる通常モンスターがイビルジョーが逃げた方向に逃げる…。イビルジョーが結構な頻度でマップに存在しているので、頻繁にこういうことが起こった。通常モンスターを動けない状態にして、イビルジョーをこやして逃がす等、確実性のない対策でどうにかするしかない。
●捕獲タイミングの見分けづらさ
 モンスター討伐クエストは捕獲するのが一番早くて良い。モンスターのHPが多いと顕著で、できる限り捕獲したい。他シリーズG級をプレイしたときも「スキル:捕獲の見極め」を発動させて早めに捕獲出来るように工夫していた。今作では、そういったスキルが存在せず、デフォルトで表示されているモンスターの心電図を参考に捕獲する必要がある。でも、アイスボーンに入ってから、その心電図がまるで参考にならない。ワールドでは捕獲ラインだった心電図の形になっても捕獲ができないことが多発した。生態研究レベルを上げればドクロマークがついてわかるものの、研究レベルが最初から高いわけではない。スリンガーの弾を2つ落としたら捕獲ラインという暗黙の了解もあるけど、見逃す場合もある。結局足を引きずるのを待つのが安牌だけど、もし取り逃して巣に逃亡されてしまったらその分移動に時間がかかるし…。

 正直、モンスターの体力・攻撃力の増加は、難易度を一番簡単に変動させることができる部分なので、致し方ない部分もあると思う。個人的には狩猟時間が長い問題は、子供の頃にMHP2Gの黒ディアをソロでやっていた時は40分かけていた経験があるから、割と耐性があった。ただ、快適な狩りが出来ない(ほぼ空中にいるモンスターの存在、糞肉質で切れ心地が最悪、モンスター合流で滅茶苦茶等)のは勘弁して欲しかったかな。非常にストレス。そして、今回のエンドコンテンツとしてあまりにも出来が酷い「導きの地」があるけどそれに関しては感じていることが他プレイヤーと同じだと思うので省く。
なんとなく検索したらいいブログがあったので引用させていただく。大体こんな感じ。
【引用】イツキのゲームブログ
ライト層にはストーリーの難易度で文句を言われ、ヘビー層には導きの地で文句を言われ、中々酷いゲームになっちゃったね。
以下、モンスターハンターシリーズはずっとやってきて、今回も礼儀としてトロコンをしたので各トロフィーの感想、参考にした所他。



トロフィー一覧

●【新たな調査の始まり】:M★1のクエストに挑戦できるようになった
 【本格始動】:M★2のクエストに挑戦できるようになった
 【幻の古龍】:M★3のクエストに挑戦できるようになった
 【不屈の心で】:M★4のクエストに挑戦できるようになった
 【大いなる存在】:M★5のクエストに挑戦できるようになった
 【終焉と共に訪れる始まり】:大いなる存在の謎を解明した

 ・適当にストーリーをクリアすれば取得可能
  -MR防具を作らず、鉱石武器だけ強化するプレイだと40時間程度で終わった
   -ディノバルド辺りから体力増強3必須
   -ネロミェールが鬼門か
 ・ワールドは飛ばしながらやっても何となくわかったけど、アイスボーンのストーリーはよくわからない
●【探求と発見の集う地へ】:導きの地へ足を踏み入れた
 ・導きの地で遊んでください
●【貴重な素材を求めて】:希少な鉱脈と骨塚で素材を採集した
 ・導きの地の鉱脈と骨塚採集してレベルを上げて拾う
  -集めたときは鉱脈と骨塚の情報がなくて、自分で作ったりして大変だった
参考:https://gamy.jp/mh-w/mhw-field13-map
●【飽くなき調査魂】:特殊痕跡を50回解析した
 ・適当に導き回してたら勝手に集まった
  -今はウラガンキンで効率よく集める手法があるらしい
参考:https://gamy.jp/mh-w/mhw-uragankin-tokushukonseki
●【宿命の決着】:悉くを殲ぼすネルギガンテを導きの地で討伐し、マスターランク上限制限を解放した
 ・やればとれる
●【調査の達人】:渡りの凍て地のキャンプを全部設営した
 ・参考参照
参考:https://gamewith.jp/mhw/article/show/153458
●【癒しの源】:自然の中にある温泉で癒しのひとときを得た
 ・温泉に入る
●【クラッチクローの使い手】:クラッチクローの指南を受け、新たな狩猟術を習得した
 ・下位クエにあるから見つけるのが難しい
  -の割には重要なことなので、もっとわかりやすいところにおいて欲しかった
   -俺もストーリー終わった後にやった
参考:https://gamewith.jp/mhw/article/show/154211
●【金色に目立つ】:渡りの凍て地で金色に目立つ生物を捕まえた
 【何かを指し示す】:何かを指し示す生物を捕まえた
 【美しき旋律を奏でる】:美しき旋律を奏でる生物を捕まえた
 【水面下に潜む神秘】:水面下に潜む神秘の生物を捕まえた
 【空を泳ぐ幻】:空を泳ぐ幻の生物を捕まえた
 【大地を掘り暮らす】:大地を掘り暮らす生物を捕まえた
 【各地に馴染み堀り暮らす】:各地に馴染み堀り暮らす生物を初めて捕まえた
 ・出現場所を覚えて、探索等で周回するしかない
  -後述するオタカラの友好度上げ、情報収集も兼ねてやると効率が良い
 ・環境生物が出やすい猫飯スキルがあるので、それを使うのを推奨
 ・俺が集め切ったのは相当初期だったので、今はまとまった情報が出ていて集めやすそうではある
場所参考:(最初うるさいのでミュート推奨)https://www.youtube.com/watch?v=BOH-qkRgil0
モギー参考:https://www.youtube.com/watch?v=XzlhvhfW0Nc
猫飯スキル参考:https://www.youtube.com/watch?v=USgvRfVf9Wo
●【すべてを受け耐える守り】:とてつもなく貴重な防具を5種類入手した
 ・レア度12の防具を適当に作る
  -達人芸用のカイザーとか匠用のクシャ胴とか使えそうなの適当に…
●【すべてを討ち払う攻め】:とてつもなく貴重な武器を5種類入手した
 ・持ち武器を適当に作る
  -持ち武器じゃなくても王牙砲【震雷】は作る
●【自慢の一品】:初めてチャームの装着を行った
 ・ストーリー進行でもらえるやつを適当に付ける
●【はじめてのライド】:初めてモンスターライドを行った
 ・ライドコールの指笛を使ってモンスターに乗る
  -キャンプのオトモに話しかけたらいつの間にか持っていた
  -乗ってアイテムが使えたので便利(砥石、回復薬)
   -初回使用時の頭フリフリチューニングがなければ神だった
参考:https://gamewith.jp/mhw/article/show/153655
●【熟練したライド】:多くのモンスターにライドを行った
 ・戦闘中に使っていればそのうち達成した気がする
●【ビギナー蒐集家】:初めてオタカラを入手した
 【ベテラン蒐集家】:いずれかのフィールドで全てのオタカラを入手した
 【蒐集家の極み】:全てのオタカラを入手した

 ・金冠の次に苦痛だったトロフィー
 ・オタカラ情報を入手するために有効度を上げるのが非常に面倒
  -俺は救援のろしを手に入れて、探索で使用して仲間にした後、生命の粉塵を使って上げた
   -たまにふらっとニャンターだかが入ってきてうざいが
 ・各エリア10個、しかもオタカラ情報も確定で貰えるわけじゃないので相当苦痛
 ・ブツブツ交換でレア環境生物がもらえることがあったのでこっちを先にやったほうがいいかも
  -ブツブツで手に入ったときにトロフィーに反映されるかは不明
救援のろし参考:https://gamy.jp/mh-w/mhw-otomoairou-item07
オタカラ場所参考:https://www.youtube.com/playlist
●【気分転換】:初めて模様替えを行った
 【愛着のコレクション】:選べる家具が50種類を超えた
 【自慢のコレクション】:選べる家具が120種類を超えた

 ・部屋の家具をいじる
  -いつの間にか買えるようになっていた家具を買いまくったら120種類を超えた
●【積極的に働く技師】:蒸気機関管理所を20回手伝った
 【頼りになる凄腕技師】:蒸気機関管理所で蒸気力限界突破を発生させた

  ・導き採掘で手に入れた無限の燃料で適当に回す
   -R2を輪ゴムで固定して放置するとまだ楽
●【もうひとつのミニチュアクラウン】:マスターランクのクエストまたは探索で最小冠の環境生物を初めて捕まえた
 【もうひとつのビッククラウン】:マスターランクのクエストまたは探索で金冠の環境生物を初めて捕まえた

 ・適当に環境生物を乱獲すれば出る
  -死体に群がるニクイドリがおすすめ
●【観察記録世界への入門】:獣人族学者からの観察依頼を初めてこなした
 【観察記録世界への入門】:獣人族学者からの観察依頼を数多くこなした

 ・写真を撮る
  -評価が金じゃなくても可
 ・雨とか夜とか色々条件を出すのが面倒くさいので前述したオタカラと同時に行うのを推奨
参考:https://www.youtube.com/
●【助け合いの精神】:マスターランクのハンターとして下位、上位ハンターのクエストを10回手助けした
 ・適当に救援で手伝ったら終わった
 ・下位ハンターが枯渇するまえにやったほうがいいかも
  -一応以下の条件らしい

助け合いの精神
クエストの種類はどれでもよい。下位クエスト10回でも獲得可能だが、下記の条件を満たさないとカウントされないので注意。
下位クエスト:HR11以下のホストが受注したもの
上位クエスト:HR12以上かつMR0(マスターランクに到達していない)ホストが受注したもの
報酬なし(開始10分以上経過)のクエストもカウントされない模様。
参考:https://wiki.denfaminicogamer.jp/

●【マスター・オブ・マスター】:マスターランクが200になった
 ・トロコン目指してプレイして、集め終わって200周辺
  -今回は珠集めはほぼせず、導きのレベル上げの方で勝手に上がった印象
   -「荒地」「陸珊瑚」「瘴気」「溶岩」をLv.7まで上げた
    -「森林」はノータッチ
  -ストレージマラソンしてたから消えた成果も多々有り
参考(にしてないけど情報程度に):https://gamewith.jp/mhw/article/show/165385

●【モンスター大博士】:ほぼ全ての大型モンスターの研究レベルをMAXにした
 ・ワールド時代のモンスターも研究レベル上限が上がっているのでやる必要あり
  -ヴォルガノスとか意図的にやらないと絶対上がらないやつがだるい
   -導きの地「溶岩地帯」のレベルを上げる時に同時に上げた
   -ヴォルガノス、傷システムが出来たのでまだマシか
  -面倒くさいモンスターはスキル:研究者をつけて痕跡だけ集めて上げた
●【真のミニチュアクラウンコレクター】:狩猟記録に記録されるほぼ全てのモンスターに最小冠をつけた
 【真のビッグクラウンコレクター】:狩猟記録に記録されるほぼ全てのモンスターに金冠をつけた
 ・モンスターハンターで常に最後まで残る鬼門
 ・ラージャンはいらない
  -調査クエストの良い枠が多いクエストを優先的に消費(金金金金銅・金金金銀銀・歴歴歴歴 等)
   -歴戦3枠は出るけど結構渋いかも
   -他頭クエ、歴戦クエが出やすい印象
    -クエがなくなったらお馴染みのオンラインストレージマラソン
     -ストレージは後半から導入(ガルルガ、レウスレイア希少種等手に入れづらい奴)
     -最初の方はクエもあったので、ストレージいれなくても割とすぐ出た
   -一応フリーでも出る。確率はそこまで高くない?
   -討伐対象モンスじゃなくても最大最小は出るので、エリアに出現しているモンスターは確認推奨
    -寄り道して結構出した
  -図り方
   -いつも通り、歩いてるときとか、シビレ罠にかけた時の後ろ足の大きさをハンターと比べて測定
   EGbs4NJUwAAMKPN.jpg
   -今回は、落とし穴に落として睡眠、穴の土からのはみ出し具合、埋まり具合でも判断
    -落とし穴へのはまり具合で違いあり。真っすぐはめたい。
   pu.jpg
   -図る時はフィールドの隆起が多いので、挑発の装衣で平なところにおびき寄せたり工夫が必要
    -昔は真っ平だからたタル爆弾と比べれたんだけど…
参考
 ・この二人を参考に揃えていった。最大級の感謝。
  -たにし氏:https://www.youtube.com/channel/UC2EdjCXg41-X7pJ9CY37biQ
  -ハガネマル氏:https://www.youtube.com/channel/UCGTgF67HWf8Ib7xRqkp8-pA
 ・今作で一番最初に金冠集め切った人の海外フォーラムの情報も参考に
  -出たクエストが載っている
  -https://forum.psnprofiles.com/topic/78964-miniature-and-giant-crowns/
●【深化せし狩猟の幕開け】:マスターランクのクエストで初めて大型モンスターを狩猟した
 ・やればとれる
●【狩猟の申し子】:マスターランクのクエストで大型モンスターを100頭狩猟した
 ・やればとれる
●【捕獲好きの策士】:マスターランクのクエストで大型モンスターを50頭捕獲した
 ・これがあるので捕獲できるものは捕獲推奨
●【討伐の匠】:マスターランクのクエストで古龍を50頭討伐した
 ・最低限の珠集めすればとれる
●【異なるものとの対峙】:初めて特殊な個体を狩猟した
 ・やればとれる
●【数多の壁を超えし者】:特殊な個体を30頭狩猟した
 ・やればとれる
参考:https://wiki.denfaminicogamer.jp/


最終的な装備
結局達人芸とガルルガ足が強すぎた
今回珠集めを全然してないで集まった珠だけ使用しているのでそこまで作成難度は高くないと思われる
ラージャン追加のアプデで月にも回復+会心が乗るようになったので、もう月だけでいいんじゃないかと思うぐらい
装備


以上、参考になれば


関連記事
スポンサーサイト



月別アーカイブ

カテゴリ

HWWつぶやき備忘録

発売中!

mirai『宿星のガールフレンドALLSTAR』2020年3月27日発売!
アイシング 応援バナー

発売中!

9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと
『トリニティ×カラミティ』応援中!
『白詰指輪』を応援しています!

6月発売予定

laplacian『青写真と白昼夢』応援中!
Cabbit 第四弾!「鍵を隠したカゴのトリ-BIRD IN CAGE HIDING THE KEY-」応援中!